マケドニア#1.0 – 歴史に焦点を当てる

 

私たちが学校で読み、学んだ物語は本当なのでしょうか?

私たちが学校で読み、学んだ物語は本当なのでしょうか?

私たちが学校で読み、学んだ物語は本当なのでしょうか? ある日目を覚ますと、人々は嘘を信じていて、先生や大学教授でさえも、背伸びした話をしているとしたらどうでしょう? この理解によって、個人が考えるようになるのでしょうか? もしかしたら、これで問題のテーマに対する彼の考え方が変わるかもしれない? 少なくとも自分を少しは変えることができるはずだ。 難しいですねぇ。 感情的に、本能的に、丸暗記で反応するのではなく、相手に考えさせる。

続きを読む
地政学とマケドニアにまつわる話

地政学とマケドニアにまつわる話

1924年、共産主義インターナショナルは、マケドニア、トラキア、ドブルジャンの民族の存在というテーゼを打ち出した。 コミンテルンの演出により、マケドニアはチトーのユーゴスラビアにおける連邦単位として認められ、マケドニア社会主義国家の建設とマケドニア語の導入に向けた作業が開始されたのである。 実際には、モスクワがバルカン半島を最終的に支配するために、ブルガリアの国家とブルガリアの土地を細かく分割する方法であった。

続きを読む